ブログお引越しのお知らせ!このブログはお引っ越ししています。
新ブログ 「新築一戸建て」を購入しちゃったブログ。もよろしくお願いいたしますハート

2013年08月08日

カーテンレールの取り付けは有料

●カーテンレールの取り付けは有料

s-IMG_3611.jpg

家を買って、内覧会を終え、さあ住もう!と思ったらカーテンレールがついてない!

今はもう周知の事実かもしれませんが、私も一時は家を買ったらカーテンレールってついているものだと思い込んでいました。

☆サービスでやってもらえる場合も

だんなさんの両親が家を建てた時には

「カーテンレールはサービスでつけときますよ!」

と無料でつけてもらえたそうです。

しかし、我が家の施工主さんではカーテンレールの取り付けは有料。別料金になってしまいます。取り付けは内覧会の後なので、まだまだ先。金額も細かくはまだ出せないようなことを言われました。

☆ニトリで見積もりをだしてみる

ニトリでは別の業者さんへ発注にはなりますが、頼めば採寸、カーテンレールの取り付けなどやってもらえるようでした。そこでカーテンをニトリで購入し、その業者さんに頼んだ場合、どのくらいかかるのか計算してみました。

●カーテン 11か所

・2000×11=22000
・3000×11=33000

ものすっごくリーズナブルなカーテンの素材を選んだ場合、大体カーテンだけで55000円くらい。

●カーテンレール 11か所

・掃き出し窓 3000×2=6000
・窓     1000×9=9000

カーテンレールも長さ、素材によってまちまちです。平均的に15000円。

カーテン+カーテンレールを自分で選んで、ここでかかるお金が70000円。

さらにニトリでは工賃として30000円がかかるそうな(採寸、取り付け)。

だからカーテン関連の費用は、しめて100000円。10万越えしました・・・。


施工主さんに頼んだ方が安い場合は、そちらで頼もうと思ってます。

にしても安いカーテンはほんとに安いなー!とニトリを利用して思いました。
posted by YASU at 09:00 | Comment(0) | 施工会社との打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月22日

内装コーディネーターさんに突っ込まれる

●内装コーディネーターさんは話の分かる姉御タイプ

a0002_008102.jpg

間取りの打ち合わせと内装コーディネートの打ち合わせ。

家の細かな細部を決めるこの打ち合わせ。大変だけど、すんごく楽しい時間です。

☆打ち合わせは合計15時間

私たちが打ち合わせにかけた時間は

・間取り       3回
・内装コーディネート 3回

でざっと15時間以上。

「えっ!そんなにかけてた?」と思うくらい、時間かけてました。

1回行って話をするのは2時間くらいで、4時間くらいかかったときもありましたが考える私たちとしてはまだまだ迷いたい!という気持ちが強いくらい。

間取りの打ち合わせを終えて、間取りおじさんから内装コーディネーターのお姉さんと打ち合わせをはじめ、最後の打ち合わせの時に雑談していたら

「正直、悩む方でしたよー、○○さん」

とぶっちゃけられてしまいました。

3棟現場でほかのお客さんも同じように打ち合わせしていたようですが、その家族はすいすい決まったそう。

あーだこーだと悩むのも楽しみのひとつと思いきや、案外迷惑をかけていたようです(笑)。

私が施工会社の人だったらおそらく「また同じとこで悩んでるー!」とつっこみどころ多かったに違いありません。

申し訳ない・・・と思いつつ、またいちから始めることになったらきっとまた悩んじゃうんだろうなーと思います。
posted by YASU at 16:12 | Comment(0) | 施工会社との打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月05日

間取り〜バルコニーを広げるか否か〜

●バルコニーはどれくらいあればいいのか

s-IMG_2978.jpg

☆建売戸建住宅のバルコニーは横に長く、奥行きが狭い

バルコニーの広さって、今まで見てきた建売住宅は奥行きが狭く、バルコニーに出てわざわざサンダルをはかなくても、「よいしょ」と布団を干せてしまいそうなくらい狭い印象。

我が家の基本プランもそうでした。

間取りおじさんに聞いても「おそらくみてきた建売のバルコニーと似たような感覚だと思いますよ」とのこと。

今住んでいる家のベランダ部分と比べてみたら、新しい家のバルコニーは長さはあるけど、奥行が狭いことが判明。それでも、家の間取り的なことを考えてオプションをつけて、ベランダの横幅を広げることにしました。

写真でいうと、下にベランダをぐわーっと伸ばして、隣同士の2部屋からベランダに出られるように
掃き出し窓(外に出られる窓)をつけることに。

もうひとつのプランとして、横幅を広げるのではなく奥行きを出すために前にひろげることもできるといってもらえたんですが、我が家は横幅を広くとることにしました。

☆家族の布団を一気に干したい!

なぜかというと、横幅のあるバルコニーの方が家族が増えても全員分の布団を一気に干せるから!

これにつきます。

洗濯ものなんかはマメにやるので、あまり気にしておらず、最悪1階の庭で干すという手もあるので、奥行はなくてもい。布団を干す時に便利なことに重点をおきました。

太陽でじっくり焼かれた布団のあの「ほこほこした匂い」がたまらないんですよね〜!

春先にあたたかくなった敷布団にくるまって、子どもが幼稚園にいってる間昼寝するのが夢です・・。
posted by YASU at 09:00 | Comment(0) | 施工会社との打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月02日

間取り〜2階の窓をシャッター付きにすべきか〜

●窓にシャッターをつけるメリット

a0002_009350.jpg

建売戸建住宅で1階の居室部分の窓にシャッターがつくのは当たり前ですが、
2階の窓についている物件はなかなかありません。

私も2階には必要ないでしょと考えていたんですが、
「絶対に2階にもシャッターは必要だ」というだんなの鶴の一声で
2階部分、全室の窓にシャッターをつけることにしました。

☆月明かりが気になる

結婚してから住んでいる家はアパートの1階で、すべての窓にシャッターがついていました。

なので最初のうち、シャッターを閉めきった部屋で寝ていると自分の手も見えないくらい真っ暗になり、なんだか不安でした。

ですが、今じゃこれくらい暗くないと眠れないくらい慣れっこになり、たまにシャッターのない実家のマンションに帰って寝ると、明け方明るすぎて早くに目が覚めてしまうんですね。

慣れもあるかと思うんですが、シャッターがないと雨音が気になったり、外部の音も寝ている時に気になるので、シャッターはあった方がいい!と思いました。


☆熱・冷気が逃げにくい

今住んでいる家では、毎日夜になると全部のシャッターを閉めています。

それ以前に一人暮らししていたマンションはマンションゆえにシャッターなんかなかったんですが、その部屋と比べてシャッターを閉めることで、エアコンの機器が格段に良いことに気付きました。

夏は涼しく、冬は暖かい

冷暖房の効率化。これはシャッターのおかげだろうと思っているんですが、間取りおじさんに言わせれば

「シャッターはあくまで雨除けや、台風の時にものが飛んできても平気なようにつけるものだから、断熱効果は低いよ」

ということで、シャッターにはっきりとした断熱効果はないそうです。

だがしかし!

シャッター付きの部屋と、シャッター付きでない部屋を体感した私たち夫婦にしてみればその差は歴然。

ネックは1か所4万5千円するお値段だったんですが(高いーっ!)譲れない部分なのか、だんなさんの一声で取り付け決定しました。2階全部の部屋の窓にシャッター取り付けて34万!(> <)なんたること!

歯ぎしりする私でしたが、まあしょうがない・・・。

とことんシャッター降ろさせていただきます・・。
posted by YASU at 10:43 | Comment(0) | 施工会社との打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月01日

間取り〜ウォークインクローゼットの必要性〜

●ウォークインクローゼットは必要か

a1530_000056.jpg

出ました!奥様なら憧れるウォークインクローゼット!

我が家も基本プランにはないものの、変更可能ということで検討しました!

結果、

いらないっ!

という結論に・・・。
なんだかあげといて、落とす形で申し訳ないですが。


☆安心感で物がたまっていく

大容量の収納スペースがあるというのは安心感がありますよね。探し物も「まあ、あそこにはいってるでしょ」という安心感。だけど、いつの間にかウォークインクローゼットとは名ばかりの押入れに変貌していくようなのです。

わざわさウォークインクローゼットを作ったものの、奥まで立ち入ることは滅多になく、次から次へと物を奥から放置していくのでゴミ置き場みたいになってしまう人もいるのだとか。

これならダンスや棚を部屋に置いて収納する方が、ものの所在がはっきりするし、ウォークインクローゼットをあけて中にはいらなくてもすぐにものが取り出せます。

我が家の場合は、基本プランにあるクローゼットの収納で季節ものの荷物や布団など、かさばるものは全部はいると確認できたので、ウォークインクローゼットはつくらないことにしました。

☆クローゼット(普段の出し入れ)として使用するスペースはわずか

季節ものの衣類やイベント関連の荷物など、かさばるものをどんどん収納できるウォークインクローゼットは確かに便利ですよね。ほかに収納家具がいらないから部屋が広く使えるし、見た目にもすっきり!

でも実際に普段自分が使う洋服や小物など出し入れするスペースはほんのわずか。

なんだかもったいないような気がします。

それに我が家では絶対に置きたい大きなタンスも子供用、家族用とひとつずつあったので収納に関してはウォークインクローゼットまで作らなくても大丈夫かなと思えました。





でもでも・・・やっぱ、憧れますよね〜!!女ですから!!

友達がウォークインクローゼットのあるおうちに住んだらうらやましくなっちゃうかもしれません(笑)。

posted by YASU at 08:00 | Comment(0) | 施工会社との打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。