スポンサードリンク

ブログお引越しのお知らせ!このブログはお引っ越ししています。
新ブログ 「新築一戸建て」を購入しちゃったブログ。もよろしくお願いいたしますハート

2013年06月18日

D「間取り、室内コーデ、自由度高めな物件」

D「間取り、室内コーデ、自由度高めな物件」

最初、この物件を紹介されたときには運命なんてものは最初感じませんでした。
「あ、ふーん。」くらい。

物件にも一目ぼれってあるのかなーと考えたことがありますが、
私が家探しをはじめて一目ぼれしたことは1度もなかったです。

たとえるなら、

知人→友達→恋人→結婚
みたいに、物件もじょじょに自分の中で存在感が増していく感じ。

物件がいいと思ったら確認する我が家の検証リスト。

●実際に最寄駅まで行きと帰りを想定して徒歩で歩く
●夜に歩く
●自転車ルートを確認する
●車で通勤先までのルートを確認する

上記をすべてクリアしたものの、気になるのは交通の不便さ。

○最寄駅まで徒歩で25分。
○街に出るのにバスで15分。(街って・・)
○徒歩で行けるスーパーが近くにない。

これらをクリアするために「電動自転車を買おう」という話になりました。
もともと坂の多い横浜市。
これがあると行動範囲が広がり、ものすごく便利とママともに聞いていたのです。

値段の高さがネックになって数年購入を控えていたんですが、これを機会に買うことに。

すると駅まで自転車でいけることになり、
スーパーも自転車で5分でいけることになり問題解消。

残るのは「街に出るのにバスで15分」という点です。

これについてはまず、家からバス停まで3分と近い点、バスの本数が多い点がメリットで
デメリットはどのバスに乗るかで乗車時間に差が出ること。

同じ目的地に行くのに、同じバス停からのってみると
Aのバスに乗ると15分でつくのに、Bのバスに乗ると25分かかることが分かりました。

この結果を踏まえて、利用するときには乗るバスを選ぶという利用の仕方で
あまり不便を感じずに済みそうという結論に達し、
ここなら住んでもいいか〜と夫婦で意見が一致。

この物件の購入を決めました。

あとは、この物件の周辺がここ数年で開発がすすむとされていて、
どんどん山を切り崩したり、
未開の土地がたくさんあることが私にとってはいい要素に思えました。

不便だけど、まあ、チャリがあればなんとかなるし、車移動は道路が広くて楽。
「大きな買い物は週末にだんなさんと車で行くし、大丈夫だな!」と、
最後にはなんとまぁ軽い気分でマイホーム購入に至りました。

これが買い時

だったんでしょーか。とある営業マンさんが言ってたんですが

「かれこれ3年家を探し続けているお客様もいます。
見るたびに理想が高くなってしまっているようで・・。
家探しも引き際が重要だと思うんですけどね・・。」


家を買った今、それも一理あるな・・と。

完璧・完全な家を買えれば、それは幸せなことです。
というか、そっちの方がうらやましいです。

でも「この家を育てていこう」と思える家に住んでもいいのかもなーとも思います。

ともあれ、私たちが決めた家はそんな家でした。
posted by YASU at 08:00 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月17日

家が気に入っても、買うのは早い!〜検証すべきポイント〜

「この家、かなりいいかも」

こう感じる物件に出会った際、その物件が本当にいいのか、
立地の確認作業として私が行ったのは次の4つです。

●実際に最寄駅まで行きと帰りを想定して徒歩で歩く
●昼・夜に歩く
●自転車ルートを確認する
●車で通勤先まで行くルートを確認する

「最寄駅まで10分」

これ、ぴったり10分の物件もあれば、なぜか8分でついてしまう物件、
バスで15分と書いてあるのに20分かかる物件(バスによる)、
正確ではないものも多かったです。

だから、

自分の足で確かめること。

これにつきます。

徒歩で歩くことによって、どんな道なのか、どんなお店があるのか、
どんな雰囲気なのか、いろんなことが分かります。

「昼・夜の街の温度差」

昼間の雰囲気は、物件を見にいくのが休日の昼間であることが多いので、
なんとなく分かりますが、夜はまったく様変わりする物件もあります。

意外と夜道が暗くてこわかったり、反対に近隣で大きな音がしていたり、
人通りがなさそうと思ったら、駅から帰ってくる人たちの抜け道になっていて
案外人通りがあったり。

その時間にしか分からないことはたくさんあるので、特に夜の物件周囲の環境は
把握しておくに限ります。

「急坂は電動自転車でも無理」

私は子どもがいるので、自転車を利用することが多いです。
だから、スーパーや幼稚園に自転車で行くルートも確認しておく必要があります。

徒歩で行けば10分でつくのに階段があるため、
自転車で迂回すると急坂を通らなければならなかったり、
ものすごく遠回りして駅前に行かなければならなかったり。

便利なはずの自転車が逆に不便になってしまう生活はもったいなかったりします。

「車の出し入れのしやすさ」

毎日車通勤しているだんなさんは、
車の出し入れのしやすさも家選びの重要ポイントとしてとらえていたようです。

何度も切りかえさなければ自分の家の駐車場に車をいれられないとなると、
かなり面倒ですよね。

家が細い路地に面していると、
毎回向こうからやってくる車とすれ違うために端に車を寄せなければなりません。

それから、電車だけでなく車でも朝のラッシュにはまることがあります。
なるべく、混雑しない道路を使って会社にいけるかどうかも確認していました。

こんな風に、「この家いいかも」と思ってもそこから検証してみることはたくさんあります。
そして、この検証を面倒くさがらずに、きちんとしてください。

こうして懸念事項をひとつづつ、つぶしていくことが
後悔のないマイホームを手に入れる近道になると私は思います。
posted by YASU at 08:00 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月16日

C立地十分!実家に近い都心の物件

C立地十分!実家に近い都心の物件

こちらの物件は最寄駅からバスで15分とはいえ、そもそもかなり東京よりなので、
すぐに都心に出られるという好アクセスな場所で、
戸建を買うにも人気のある土地でした。

そんな人気な場所なのに、価格は手が届く範囲で
しかも2階建て、駐車場2台スペースつきということで「これはー!」と思えた物件でした。

そもそも、横浜市で物件を探してはいるものの、実家は東京なので、
なるべく東京に近い方が嬉しかったのです。

10棟の分譲住宅だったのですが、何棟かはすでに契約済みで、
残りは数棟。

はやめに決めなきゃな

と焦りそうになりますが、マイホームは一生に1度のお買いもの。

焦りは禁物です。

我が家恒例の確認作業

●実際に最寄駅まで行きと帰りを想定して徒歩で歩く
●夜に歩く
●自転車ルートを確認する
●車で通勤先までのルートを確認する

この作業全部済ませてみたら、どれもクリア!(この場合、バスですが)

こりゃあ、一気にいけるか!と思ったんですが、何やら不穏な気配が・・。

この物件、まだ土地だけの状態でした。

立地に満足できたので、今度は建物の話を詳しく聞きたいなと思い、
仲介会社さんを通して、建物の仕様やらオプション費用やらの書類を取り寄せてもらったんですが、

なんか、オプション高い・・・・

これまで何社かにプレゼンをしてもらった際、
オプション一覧表を見せてもらうこともあって比較してみると、やっぱり高い。
いちいち変更するのに「変更料」の名目でまたとられるし。

標準設備も、今までみてきた戸建の設備よりもワンランク下げているか、
もしくはついてないという仕様で、必要なオプションをつけると
結局価格自体が予算を超えてしまいそうなパターンに。

うーん。

めちゃくちゃ悩みました。夫婦で「うーん、うーん」を連呼。

この施工会社さん、あまり融通もきかないようで契約の際の手付金も他社より高め。
だんだん印象が悪くなってしまい、結局購入をやめました。

もし、この物件が家探しの始めの方でみつかり、気にいったのなら
「標準設備って建売ならこんなものなのかな」「手付金もこのくらいが普通なのかな」
住んでしまった話かもしれません。

現に悪徳業者なんかではないと思うので。

でも、何か月か家さがしを経験してきた私の中では、この家を建てようとしている会社は
なんとなく印象が良くなかったんですね。

「この人たちに家を建ててもらいたい」「この人たちなら任せても大丈夫」という気持ちが
生まれないといくら物件がよくてもダメなんだな〜と、いい経験になりました。
posted by YASU at 08:00 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月15日

B日当たり最高!角地のお値打ち物件

B日当たり最高!角地のお値打ち物件

こちらの物件は20棟くらいの分譲住宅のひとつだったんですが、
その分譲地の中でも最高に日当たりのいい角地がおすすめとして
仲介会社さんに紹介され、確かに気持ちの良さそうな場所でした。

しかも、最寄駅からも10分、駐車場1台付き、土地の広さの割に
お値打ち価格で販売されていて、なかなかいいじゃない!と夫婦の間で候補物件に昇格!

早速、我が家で恒例となっている

●実際に最寄駅まで行きと帰りを想定して徒歩で歩く
●夜に歩く
●自転車ルートを確認する
●車で通勤先までのルートを確認する

をすべて検証。

すると・・・。

夜道がものすごく怖い

という事態に。

最寄駅から、夜19時すぎに一人で歩いてみたんですが、
途中脇道にはいり、そこから雑木林ぞいの道を進んで
細い階段を50段ほどあがります。

もう、雑木林の時点でこわいっ!くらいっ!

まだ19時過ぎなのに人っこひとり通らず、雑木林の反対側は住宅が並んでいるものの、
あかりもほとんどなくて。

細い階段部分にいたっては点々と街灯がついているものの、
それが逆にものがなしくて、

なんかでそう・・

という別の恐怖感が。

階段をあがって3分ほど路地を歩くと到着するんですが、
そもそもこの分譲住宅地、周囲が畑で囲まれているのでほんとに暗いんですよね。
街灯があとからつくにしても、なんか・・・こわいっ!

というわけで、この物件流れました。

なかなかいい物件には巡り会えないなーと考え始めたころでしたね〜。
posted by YASU at 08:00 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月12日

Aデザイナーズ住宅のような物件

Aデザイナーズ住宅のような物件

ここは最寄駅から徒歩10分、細い路地にある6棟の分譲住宅のひとつでした。

日当たりもまあまあ、2階建て、駐車場1台分がつき、金額もOK。
さらに、外観が今はやりのモダンテイストでかなりかっちょよかったんです。

とはいえ、まだ建っていない物件だったので、
実際にどういう間取りのどういう外観の家が建つのか
プレゼンテーションを施工会社さんに聞きにいくことに。

こういったプレゼンは仲介会社さんの方から
「もし、気にいったようでしたら、プレゼンあるので、話だけでも聞きますか?」
という風に提案があります。

行ってみると、入り口がなんだか秘密クラブのような黒い扉とあたたかい照明。
はいってみると広々した室内とゆったりしたテーブル席があり、

なに?なに?クラブ?

と勘違いしそうに。(イスやテーブルは普通です)
正式に言うならば、「ショールーム」ですね。
扉や外観のタイルなどの見本が、よくみればたくさん置いてありました。

ここで、施工会社の担当営業マンから簡単なパンフをもらい、
建物のイメージイラストを見たり、おうちに標準でつく設備を教えてもらったり、
ドアや外観の色なんかは選べますよという話を聞き、鼻息荒くなる私。

うちに帰って、「建物は十分だから、あの場所でホントに大丈夫か検討していこう」
という段階に進み、

●実際に最寄駅まで行きと帰りを想定して徒歩で歩く
●夜に歩く
●自転車ルートを確認する
●車で通勤先までのルートを確認する

なんてことをやってみた結果、

○自転車で買い出しに行く際にかなり不便な坂が2か所ある(かなり急)
○毎日車通勤するには接道が狭すぎて不便

という理由から、候補から外すことにしました。

これは夫婦の意見も一致。

今考えても妥当な判断だったと思います。

家を検討するときには、まずその立地の方が大切!
この物件は建物の印象が良かったので、後で立地確認になってしまったけど、
自分がここで生活することを想定して、
不便でないかどうか検討するとおのずと結果が見えてきました。

まあ、正直に言えば家さがしをはじめて1か月でこの物件と出会ってしまったので、
「もうちょっといろいろ見たいなー」という思いもあったんですが(笑)

この物件は最初の候補物件として、あとあとかなり比較の対象となり、参考になりました〜!
posted by YASU at 10:33 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@快速停車駅近くの便利な物件

@快速停車駅近くの便利な物件

ここは、快速停車の最寄駅まで徒歩10分、街はおおいに発展していて
生活するのに何不自由はないという立地の物件でした。

購入価格もぎりぎりいけそうで、こんな立地はない!!
と勢い込んで見学に行ったんですが、なんと・・


山の傾斜地・・・


どのくらいの山なんだとお思いでしょうが、垂直に戸建を4軒重ねたくらいが山の頂上で、
その下から3軒目に、家がたっている感じ。

けっこうな急斜面の山なのです。

この傾斜地、もちろん家を建てる部分は平面にならしてあるんですが、
ベランダ側はもはや崖。

その分、眺めもすんばらしくてなんと屋上には広めのバルコニー。
広いのでBBQもできるし、星をみながらビールを飲むこともできちゃうそう。
この物件を見た直後、「ちょっとここ、危ないな・・」とは思いつつ、
立地の良さにひかれてコロっといってしまいそうでしたが、
うちに帰ってじっくり考えなおしました。

もし、地震がきて地面が崩れてあの斜面をすべりおちて、最悪命が助かったとしても
土地も崩れてなくなり、家もなくなったも同然。

資産がなくなる

という事実に気づき、スルーすることにいたしました。

耐震・地盤強化は今や法律で厳しい基準を満たさなければならなくなったので
実質的には平気なんでしょうが・・。気持ちの問題ですかね。

だんなさん、この物件かなり気にいってたんですけどねー。
ちなみに価格は割安なのもあって、物件を見にいった翌週にはすべて売約済み!
「眺めが最高にいいところ」を条件にしているなら
ここは一目ぼれするくらいの物件だろうし。

買う人は急傾斜地だろうが何だろうが、買うもんなんだなーと実感。

判断する基準がみんな違うってことが分かった物件でした!
posted by YASU at 10:30 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

a0007_001567.jpg

ここでは、私たち夫婦が

ここいいっ!ここかなりいいね!

と、言うなれば購入寸前までいった物件を紹介していきます。

先にいうと、購入を考えるまでにいたった物件は5件。

都心まですぐに出れてしまう、発展した街にある物件、
おしゃれでモダンな素敵な外観の物件、日当たりが抜群に良くて、お買い得な物件、
立地は悪いけど子育てに最適で将来性が見込めそうな物件・・

そんな中から、私たち夫婦はひとつの物件を購入することにしました。

どこがどんな風にダメで、どこはどう良かったのか。

私たちが感じた家さがしのこだわりと、決断の記録をご紹介します。
posted by YASU at 10:24 | Comment(0) | 購入寸前までいった物件の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。